糖尿病が原因の口臭

口臭が発生する原因には口腔内の異状のほか、耳鼻科系領域、呼吸器系領域、消化器系領域など様々なものが存在し、口臭のパターンから特定の疾患の疑いを指摘できる可能性のあることも知られています。

臭いの元がどのような身体の異常に由来するものなのかによってその特徴がそれぞれ現れるためでもあります。

なかでも、「糖尿病」の可能性が疑われる口臭のパターンに特徴的なもののひとつがあるといわれています。

それは一般に「リンゴが腐ったような臭い」と表現されることの多い独特の臭気であり、少し甘酸っぱいような印象を受ける臭気であるといわれています。

糖尿病では「アセトン」という物質が増加します。健常者であってもこのアセトンは体内に存在し、血液や尿中に含まれるものですが、糖尿病ではこの物質が増加することで甘酸っぱいような臭気として強く感じられるようになるといいます。

また、糖尿病の自覚症状として顕著なもののひとつには「喉や口中の渇き」が挙げられます。このような渇きを感じる原因には糖尿病によって唾液量が減少するということが挙げられます。

唾液には口腔内の潤いを保って清潔にする自浄作用があり、唾液が減少することで嫌気性細菌の増殖が活発化し、細菌の生み出す物質が悪臭の原因となります。

また、いわゆる「ドライマウス」の状態となって乾燥した口腔内は口臭を発生させやすい環境下におかれることになります。

その他、糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす恐れがあることでも知られていますが、その他の器官が異常をきたすことによって口臭という形で影響する場合があります。

たとえば、肝機能障害の可能性がある場合にはカビ臭いような臭いや腐った卵のような臭い、またはニンニクのような臭いが現れることが分かっています。

これは体内の毒素を肝臓が分解しきれず、それらの毒素の臭いが口臭として発現するものとされています。

ほんの一例ではありますが、糖尿病に限らず口臭のパターンを正しく把握して、その原因となる疾病の可能性を早期に発見するのも有効な防衛策のひとつとなるでしょう。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?