消化器系の病気が原因の口臭

口臭はその発生源が口腔内そのものにある場合のほか、その奥の消化器官の異状によって発生する臭いがたちのぼってくる場合もあります。

そのような状態の時に異常をきたしていることが考えられる消化器は第一に「胃」が挙げられます。

体調不良や暴飲暴食、または食生活の乱れなどで胃の消化機能が低下すると、食物の消化不良などを起こして悪臭が発生します。

それが食道をさかのぼって口腔から発せられることで口臭として不快感を与えることになります。

適正な消化・吸収というプロセスに支障をきたすと摂取した食物や水分などの流れが滞り、発酵したような状態になって悪臭を放つものと考えられています。

胃腸などの消化器系の疾病では、食物が滞留してしまうとおくび(ゲップ)のような臭い臭を感じるのが特徴です。

また、それらが悪化して慢性胃炎や胃のただれなど重篤な症状になると腐敗臭のような強い悪臭を放つことにもなります。

便秘の症状に悩む人にも口臭が現れる場合があります。

それは便が腸内に滞留して有毒なガスが発生し、それらが腸管から血管に吸収されて肺にまで達し、呼気として排出されることで便臭にも似た強い口臭が発現するというものです。

このような場合には原因となる便秘を解消することが先決となるでしょう。

また、逆流性食道炎などのような食道に関わる疾病では、摂取した食物が逆流することでその臭いが口臭となって感じられることがあります。

消化器系の疾患による自覚症状では腹痛や便秘、下痢、重篤な場合には肛門からの出血なども見られます。

その他の症状としては消化器系の機能低下に由来する食欲不振、味覚障害や全身携帯感などが挙げられ、このような症状をともなう場合には高確率で口臭の原因となると考えられています。

 口腔と直結する消化器系は、食物との関連や生活習慣がダイレクトに反映される臓器でもあります。口臭を感じたら健康状態に対する警告のひとつと捉え、十分なケアに留意することが肝要です。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?