歯周病が原因の口臭

口腔内の問題が原因となって引き起こされる口臭の中には「歯周病」によるものも多く報告されています。

「歯周病」とは、歯の周辺にある組織である歯周組織のいずれか、または全部に起こる疾患の総称であり、歯周疾患とも呼ばれています。

歯周組織とは、いわゆる歯茎にあたる歯肉と、歯の根の表面部分であるセメント質、歯を支える顎の骨の一部分である歯槽骨、セメント質と歯槽骨をつないでいる歯根膜または歯周靭帯のそれぞれから成り立っており、文字通り歯の周辺組織全般を指すといえます。

この歯周組織が炎症を起こす「歯周炎」や「歯肉炎」など、歯そのものではなくその周辺が傷んでしまう場合でも口臭が発生します。

これらの疾病では歯茎が赤く腫れあがって炎症を起こした状態になるため、痛みを嫌って歯磨きが行き届かなくなることも症状の悪循環を生み出す原因になります。

さらに重篤な場合は歯槽骨に傷みが拡大し、歯槽骨が膿をもつ「歯槽膿漏」におちいることもあります。

これは進行に伴って歯肉に膿が溜まっていき、強い悪臭を放つとともに最終的には歯が抜け落ちてしまうこともある深刻な病気といえるでしょう。

歯茎やその周りに痛みがあり、腫れあがった状態であること、または歯磨きなどの際に頻繁に出血をみること、さらにはマウスケアを怠っていないにもかかわらず口臭が解消されない場合などには歯槽膿漏の疑いが強いと考えてよいでしょう。

歯槽膿漏は主に30代以降に発症することが多いとされており、中高年の実に8割の人が何らかの形で歯周組織に問題を抱えているといわれています。

近年では歯槽膿漏をはじめとする歯周病は生活習慣病の一種と位置付けられており、生活習慣に大きく左右されるものと考えられています。

すなわち、適切なマウスケアの習慣によって十分に予防することが可能であり、普段から口腔内の衛生に対する意識付けと自助努力が肝要であるとされています。

歯周病は本人の自覚が少ないまま進行することが多く、口臭の異状によってようやく気付くケースが多いといいます。

しかしそのような状態では症状がかなり進行していると考えられるため、若年からのマウスケアの習慣づけが最も重要であると考えられます。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?