ニンニクが原因の口臭

口臭には摂取した食品の臭いがダイレクトに反映されてしまうのは周知のとおりです。

臭いが気になる場合には食事のメニューや含まれる食材の種類にも注意を払わなくてはなりませんが、中でもニンニクは臭いの強い食べものの代名詞といえるのではないでしょうか。

独特の臭気がある代わりに、料理の味を引きしめて風味をつける香辛料として、エスニック料理や焼肉、イタリアンや中華料理、韓国料理などに無くてはならない食材でもあります。

ただし、おいしさと引き換えに強い臭気はブレスケアが追いつかないほど頑固なもので、ニンニクを食べたことが離れた人からもわかるほど強烈なものでもあります。

ニンニクの独特の臭気の成分はアリシンという成分が体内に入って分解され、アリルメルカプタンという臭いの原因となる物質を作ります。

これは体内に吸収されることで皮膚からの排出や、肺を通して呼気ともなるため、単純に口腔の奥から漂うだけではありません。

非常に強い臭気の上に残存性も高く、夕食にニンニクを摂取すると念入りなブレスケアやブラッシングにもかかわらず翌日にまで臭いが残ることも珍しくありません。

料理の隠し味や、風味づけに頻繁に使われるため、ニンニクを食べたという意識がないままに知らず知らず摂取することもあるので口臭対策が必要なシチュエーションであれば食事のメニュー選びにも注意しましょう。

一般的なメニューで多くニンニクを使用しているものを挙げると、ギョウザ、ペペロンチーノ、キムチ、ガーリックライスなどがイメージされますが、カレーやラーメンなど良く口にするようなものにも大量に紛れていることがあるため注意が必要です。

家庭で調理する場合には臭気をとばしてその風味だけを活かすテクニックもあります。

ニンニクは完全に火を通してから使うとかなりの臭気が抑えられるため、皮ごと丸焼きにしてから料理するという方法もあります。

また、スパイスコーナーなどでラインナップされている乾燥粉末のガーリックパウダーも使い勝手の良い調味料です。

臭気は控えめですがニンニク特有のうま味や風味を十分保っているため、プロの料理人も重宝しているといいます。

口臭対策に留意しつつ、おいしくいただきたいものですね。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?