虫歯が原因の口臭

口臭の発生する原因として一般的なものに「虫歯」によるものがあります。

虫歯とは歯磨きなどの口腔内清掃が十分ではない箇所などに歯垢・歯石が溜まり、口中の細菌がこれらを分解する際に放出する酸がすこしずつ歯を溶かすことで歯に穴があいていくことを指します。

このように虫歯が進行していく過程で放出される酸と、口腔内の食物残滓が分解される際の臭気が悪臭となるのが、虫歯に起因する口臭の概要といえます。

虫歯というのはその原因となる歯垢・歯石が口腔内の食物残滓を細菌が分解することで形成されていくため、歯磨き等のマウスケアの不備の積み重ねが反映されているともいえます。

したがって、歯磨き等を丁寧に、かつ恒常的な習慣として行っている人とそうでない人の間ではその発生率はおのずと変わってくるものと考えられます。

適切によく歯を磨くことで歯垢・歯石の形成や付着を抑制し、虫歯に進行するリスクを抑えることで口腔内を清潔に保ち、口臭の発生も予防することができるといえます。

しかし、習慣的によく歯を磨くという人でも、歯科治療などで歯にかぶせものをしている場合など、その治療痕に隙間があいていたりするとそこから食物残滓が詰まり、かぶせものの下で虫歯が進行してしまうことがあります。

このような場合には歯磨きなどが不可能となるため、強い悪臭を放つとともに放置すると深刻な状態にまで虫歯が進行することもあるため注意が必要です。

したがって、よく歯磨きなどをして口腔内の衛生に十分な配慮をしているにもかかわらず、口臭が解消しない場合は歯科治療の痕に起因するものやその他の何らかの原因が考えられるため、専門医に速やかに相談することが望ましいとされています。

通常、虫歯そのものが口臭の原因であれば歯科治療の進捗に伴って解消されていくことが期待されますが、当然、その後のセルフケアもより一層大切なものになることは言うまでもありません。

たかが口臭とあなどらず、健康状態に関する身体からの警告として重く捉え、適切なケアを続けていくことが肝心です。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?