「自臭症」について

ブレスケアやオーラルケアの効果が薄く、口臭の強さに悩む人が多くいるといいます。

口腔内に虫歯や歯周病などといった悪臭の原因がある場合や、消火器系領域、呼吸器系領域、あるいは耳鼻科領域 など口臭の原因となる可能性のある疾病を抱えていることも想定されます。

通常はそれらの原因を治療などによって排除することで口臭も解消されると考えられますが、中にはすべての口臭原因の可能性を排除してもその悩みが解消されない事例もあるのです。

それは「自臭症」という精神性の疾病の一種と位置付けられており、実際には不快な口臭などが発生しているわけではないにも関わらず、自分自身の臭いが気になり常に周囲に悪臭を放っているのではないかと気にしてしまうという病気です。

口臭が気になるあまり対人コミュニケーションにおいて深刻な支障をきたしたり、口腔内を傷付けるほどの過剰なブラッシングをしたりといった弊害が報告されています。

このような状態では「自分に臭気がある」と思い込んでしまう病気であり、周囲がそうと思わなくても自身では精神的なストレスが蓄積されていくため、うつ病などに発展するおそれもあります。

自臭症を発症してしまう人は過去に臭いに対するトラウマがあったり、必要以上に周囲の人を気にしてしまったりと様々な要因がありますが、心の問題である以上、デリケートな対処が必要となってきます。

これには精神的な不安を取り除く必要があるため、治療には困難が伴いますが、口臭は計測機器によって数値化することができるため、専門医に相談し、客観的なデータを認識することが肝要です。

自身で感じている臭いが現実とは違うものであること、周囲の人には自分が思うような不快感を与えてはいないことなどを少しずつ納得し、心身共にバランスのとれたケアをすることが必要です。

虫歯などの口腔内の問題がなく、その他の口臭に影響する可能性のある疾病もないにかかわらず、病的なまでに口臭が気になる場合には、自臭症を疑ってみる必要があるかもしれません。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?