不良補綴物が原因の口臭

不良補綴物(ふりょうほてつぶつ)とは、入れ歯や歯科治療でのかぶせものなどで不備をきたしているものを総称して指す言葉です。

虫歯などの治療のためにかぶせられたものや、失った歯を補填するための部分入れ歯、あるいは総入れ歯などで本来の歯との整合性が取れていないもの、または口腔内に正しくフィットしていないものなどがその例として挙げられます。

歯のかぶせものなどが本来の歯と正しく整合していない場合、その隙間から食物残滓などが入り込んでしまい、歯磨き等で除去できないままにやがて歯石や歯垢として定着し、さらには虫歯に進行してしかもケアが不可能なかぶせものの下で症状が悪化すると口臭の原因となることが考えられます。

入れ歯に関しても同じ状態が想定でき、正しくフィットしていない入れ歯は部分的なもの、口腔内全域にわたるものの区別なくたくさんの隙間が生じることになります。

したがってその隙間に食物残滓などが溜まってしまい、それらが清掃されずに放置されることで悪臭を放つ原因となります。

これらが主に不良補綴物による口臭の概略ですが、歯科治療痕の下で進行するものはいち早く異常を把握し、速やかに専門の歯科医師を受診することが必要です。

治療を受けた医師であればその不備を指摘して再度適切な処置を受けることで症状の進行が抑制され、治癒とともに口臭も治まることが期待できます。

部分入れ歯・総入れ歯に関しては、こまめに入れ歯洗浄剤などで入れ歯そのものの手入れを通して清潔を保つと同時に、入れ歯を外した状態での口腔内のケアにも留意するなど、衛生状態の保全が課題となります。

本来の歯が残っている場合には部分入れ歯と近接して金具等が当たる部位はもちろんのこと、現状の歯の衛生状態を保つことも重要となります。

入れ歯の整合性に不備があると口臭のみならず、食物の摂取にも支障をきたすことがあるため健康状態への影響は多大なものが考えられます。

口臭という側面に限らず、総合的な健康保全に補綴物の果たす役割は大きいといえるでしょう。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?