コーヒーが原因の口臭

飲食物に由来する口臭をイメージする時、やはりその食品そのものの臭いが強いものはそれに比例して口腔内に残存する確率も高く、口の中からそういった臭いが漂って口臭となることが多いと考えられます。

しかしながら一般には不快臭を感じるわけではない飲食物でも、それを多量に摂取することによって口臭が発生する、あるいは口臭が発生しやすい口腔内の環境を作ってしまうというものも存在します。

そんな食品の代表格のひとつがコーヒーであるといわれています。近年、コーヒーは抗がん作用などが注目され、適切に摂取すれば健康上にも良い効果が期待されることから評価が高まっていますが、日常生活でも最も口にする頻度が高い飲み物のひとつであるといえるでしょう。

コーヒーにはカフェインが含まれており、独特の香気をもっているため起床時や仕事の合間、食事の後など、リフレッシュタイムに欠かせない飲み物として愛用している人も多いといいます。

しかしコーヒーにはコーヒー豆の微粒子が多量に含まれており、それは非常に舌に付着しやすい性質をもっているため、舌苔の厚みを増す、即ち舌に存在する細菌の増殖を助長してしまうことにもなるのです。

コーヒーが好きな人は一日に何杯も引用する機会があるかと思われますが、多量にコーヒーを飲むと舌がざらついて喉が渇いたような状態になることがあります。

これはコーヒーの特性によって口腔内のpHが低下し、唾液の分泌量も減少してしまうことによるものです。

唾液の現象による口腔内の乾燥状態は口臭の発生を誘発し、ドライマウスの状態に陥る危険性があるため、注意が必要となります。

また、コーヒーには砂糖やミルクを入れることがありますがこれらも舌に付着しやすく、同様に口腔内の環境を悪化させる要因となることが考えられます。

このようにコーヒーの過剰摂取は口臭を誘発するリスクがあるため、十分に留意する必要がありますが、コーヒー以外の水分も摂取するように心がけたり、合間に歯磨きなどをして口の中をリフレッシュしたりすることで舌の状態を適正に保つことができるでしょう。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?