アルコールが原因の口臭

お酒を飲んだ後にはアルコールの臭いが口に残り、いわゆる酒臭さとして不快臭を発生させることになります。

これはアルコールそのものの臭いが口腔内に残留して口臭となることと、アルコールの成分が体内に吸収されて臭気を発することの二重の要因があると考えられています。

アルコールを摂取すると肝臓によってアセトアルデヒドという有害物質に分解され、これが血流を通じて肺に到達し、呼気となってその臭いが発せられるようになります。

また、アルコールには強い利尿作用があり、たくさんお酒を飲むと頻繁にトイレに立つようになります。

これによって体内の水分が大量に失われ、唾液量も減少して喉が渇き、口腔内が乾燥状態となります。口腔内の乾燥は細菌の増殖を助長し、この細菌が悪臭を発生させるために口臭となって表れることになります。

さらにアルコールが分解されるには短くても一日程度かかるとされており、その分口臭も長く解消されないというリスクがあります。

口腔内の乾燥による口臭については、水分をこまめに摂取するなどの対策で抑制できるものの、アルコールの摂取が上回れば焼け石に水であるといえるでしょう。

また、アルコールの過剰摂取によって胃腸などの消化器系にダメージが蓄積されると、それらの臓器の機能不全に由来する口臭が発生する恐れもでてくることになります。

すなわち、消化不良による食物の発酵臭のような口臭などであり、アルコールの分解が追いつかず、肝機能に障害が出た場合にはそれに由来する口臭が発現することもあります。

お酒が好きな人の中にはほとんど食物をとらず、アルコールだけを口にするという飲み方をする人がみられますが、口臭対策のみならず健康上の観点からもこれは避けるべきとされています。

胃壁がアルコールに直接さらされることでダメージが早く蓄積し、胃を痛めたり、直接胃から立ち上るアルコール臭による口臭を助長する結果となるからです。

いずれにせよ、適量を守って口臭を感じる前にストップする習慣が望ましいものです。

当サイト人気記事!

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?

【口臭対策に効果なし?】歯磨き粉,舌磨き,ガム,タブレットは口臭予防に効かない?