口臭の原因はたくさんある

「口臭」とは、読んで字のごとく口腔から漂う不快臭のことであり、健康状態に問題がなくても空腹時や起床直後など、口の中が乾燥した状態にあると発生しやすくなることが知られています。

飲食物を摂取するための器官である口腔は口にした飲み物や食べ物がもつ臭いの影響をダイレクトに受けることとなり、さらに食物残滓が清掃されずに口腔内に滞留することでも口臭の原因となり得ることが考えられます。

また、口腔内の疾病を原因とするもの、あるいは消化器系領域や耳鼻科系領域、呼吸器系領域の疾病などによっても口臭が発生する場合もあり、単純に口腔内だけの問題ではないこともままあります。

日常生活や就業環境など、きわめて近い距離で他者と向き合ってコミュニケーションをとる場面は避けて通ることができず、口臭に関する意識はエチケットやマナーのうえでも重要な位置を占めています。

ブレスケア用の商品やマウスケアに関わる器具などが数多く市場に出回っており、特に対人交渉や他者と面談しなくてはならない人々にとってなくてはならないアイテムとなっています。

ブレスケアやマウスケアなどで対応できる口臭対策もあるのですが、先述のようにその不快臭の発生源が口腔以外の要因にあり、なおかつ深刻な症状を呈している場合には注意が必要となります。

こまめにブラッシングやブレスケアを行っているにもかかわらず、口臭が解消されないなどの状態では、その他に原因があるものと考えて全方位的なケアの可能性を模索することが必要です。

口臭は口の中のことでもあり、自身ではきわめて気付きづらいという特性があります。また、デリケートな問題でもあるため気軽に他者に対して指摘しにくいという側面もあるため、本人の自覚が遅れたり、口臭が原因でコミュニケーションが円滑に進まないといった弊害が現実に起こり得るのも大きなリスクとなっています。

したがって、口腔内を常時清潔に保つような習慣づけとともに、健康状態の把握によって早期にその他の疾病の可能性を発見する意識付けが必要となるでしょう。

⇒私のおすすめの口臭対策グッズ

このページの先頭へ